[育てる] 鳥・小動物

フェレットのシャンプーに挑戦!

hide

とにかくストレスを与えないことが第一です。緊張をほぐしつつ、優しく丁寧に洗っていきます。飼い主さんもフェレットちゃんも慣れてしまえば、そこまで難しくありません。シャンプーの頻度は月に1回程度で十分です♪





所要時間 30分

かかった費用 およそ2,000円

レシピのコツ

  • もしシャワーを嫌がる場合には時間はかかるかもしれませんが、手でお湯をすくって直接洗い落としていくのもいいと思います。
  • 濡れたからだは体温低下や風邪にもつながりますのでしっかりと時間をかけて、よく乾かしてあげてください。
  • 仕上げの際のブラッシングは、毛の流れと反対方向にブラッシングしていくと、乾きも早いでしょう。

フェレットちゃんのからだに優しいフェレット専用のシャンプーと、乾かしを早くするためブラシとタオルを用意します。このほかにもドライヤーが必要です。



今回協力してくれるのは、当店自慢のフェレットちゃん!女の子です♪初めての体験で少し緊張気味です…。でも頑張ります!



これがポイントです!!フェレットちゃんを優しくキレイに洗うためにシャンプーの泡立てが必要です。洗面器などでも代用できます♪



この表面にできた泡を使って洗っていきます。また事前にフェレットちゃんのからだも、お湯で軽く濡らしておくとよいでしょう。



フェレットちゃんはシャンプーが苦手な子も多いです。シャワーの音でビックリしたり、からだが濡れるのを嫌う子もいますので、そっと優しく丁寧に洗っていきます。飼い主さんが優しく声を掛けながら洗うのがよいでしょう。そのほうがフェレットちゃんも安心しますね♪また目や耳にシャンプーが入らないように要注意です!



人肌より少し温かいくらいのお湯でしっかりとシャンプーを洗い落としていきます。この時もフェレットちゃんは暴れやすいので、ケガをしないようにからだを押さえましょう。2人で行うと安心です♪



しっかりとお湯をきって、余計な水分が残らないようにします。濡れたからだは冷えやすいので、すぐに乾かす準備です!



まずは乾いたタオルで入念にからだを拭いていきます。手の先から足の先まで隅々をチェック!おなかのあたりも水分が残りやすいので、優しくしっかりと拭き取っていきます!



ブラシを使って乾かしていきます。普段のブラッシングとは違い、毛の流れと反対方向にブラッシングしていくと、乾きも早いでしょう。一見乾いているようでも、毛をかき分けるとまだ湿っていたりすることもよくありますので、しっかりと乾かします。



無事終了しました!さっきまでドキドキしていたのもすっかり落ち着いて、少し気持ちよさそうな顔です♪からだもふんわりした毛並みに仕上がってとってもいい香り♪協力してくれたフェレットちゃんお疲れ様でした♪



普段は陽気なフェレットちゃんでもシャンプーのときは少し緊張気味です。もちろん無理にする必要はないですが、からだについた見えない汚れは定期的に洗ってあげた方がフェレットちゃんにとってもよいでしょう。毛並みもとっても良くなります。今回挑戦してくれた子はそれほど暴れず、とてもお利口さんでした♪

ジョイフル本田ペットセンターは、商品を売るだけのショップではなく、ペットに関するあらゆる知識やノウハウが揃い、ペットと飼い主や、飼い主同士の出会いなどを演出する空間でもあります。ぜひ一度ご来店下さいます様、お待ち致しております。


ペットセンター宇都宮店 担当 田子





このレシピへのコメント