[育てる] 植物

完熟ホダ木(しいたけ)の管理方法

ガーデンセンター荒川沖店スタッフ

お家で簡単にキノコ狩りができ、採れたてのキノコが味わえます。

所要時間

かかった費用

レシピのコツ

  • ホダ木を乾燥させないように浸水はしっかりと行なう

ビニールと遮光ネットは無くても栽培できます。
あらかじめホダ木を立てかける日光の当たらない場所を確保しておきます。
用意した容器に、なるべく冷たい水をたっぷりと入れます。

水を入れた容器にホダ木を浸水させます。
全体の半分くらいは水に浸かるようにします。
このまま一晩、水に浸け、ホダ木に水を吸わせます。

全体が水に浸かるのが理想ですが
ホダ木全体が水に浸けられない場合は、途中で上下を入れ替えてあげると効果的です。

日光の当たらない涼しい場所(できれば風も当たらない場所)に浸水させたホダ木を立てかけます。
どうしても日光が当たってしまう場所では、遮光ネットをかけておきましょう。
また、室内光なら当たっても特に問題ありません

時期にもよりますが、順調にいけば立てかけてから、約15日ごろからキノコが発生し始めます。
ここまでくればあとは収穫を待つだけです

待ちに待った収穫です!
採れたてのキノコを堪能しましょう。

おいしいキノコの目安は、キノコの笠が少し開いてきたぐらいが
歯ごたえも良く、栄養もたくさん入っていて美味しいと言われています。(画像参照)
また、大きいものと小さいものを食べ比べてみるのも良いかもしれません。

収穫が終わったホダ木は、次にキノコを発生させる為の準備期間として
一か月以上休養させる必要があります。
この時に寒い時期では、ビニールを被せてあげると、保温と保湿が出来ます。

休養を終えたホダ木は、また浸水の工程から繰り返し行っていきます。
あくまで目安ですが、約2~3年は収穫を楽しむ事が出来ます。

このレシピへのコメント