[作る] 庭

レンガを積むだけお手軽なピザ釜を作ろう

ガーデンセンター守谷店スタッフ

誰でも簡単に作れる、セメントいらずのレンガを積むだけで出来ちゃうお手軽「ピザ窯」です。
広さ1平方メートルほどあれば作れるので「うちの庭狭いのだけど」という方にもおすすめです。

所要時間 20分

かかった費用 およそ30,000円

庭の平らな場所に基本形レンガ18枚を敷きます。
土の場合は、安定感を出すために平にならして平板などを置くと良いです。
芝の場合は、熱で周りの芝が焦げるので注意してください。

2段目は角に合わせてコの字型にレンガを並べてください。
ピザや炭を出し入れする部分となる手前をのぞき、コの字になるように縁に沿って並べます。

強度を高めるため、3段目は2段目と段違いになるようにレンガをステップ2のように縁に沿って並べます。
段違いにする際に、半マスのレンガが活躍します。
同じ大きさのものを縦に重ねると、強度が弱く横揺れしやすくなります。
4段目、5段目も同じ作業を繰り返します。

6段目にピザをのせる部分となる大判のレンガ2枚をのせる。
コの字に組んだレンガの手前に合わせて、奥に隙間を確保する。
※煙の通気口になるよう奥に隙間を開けます。

7段目はコの字型にレンガを並べ、8段目の背面に半マス分の空気穴を2つ設ける。
9段目は7段目と同様にレンガを並べます。
空気穴や通気口は、火の通りをよくする煙突の代わりとなるので、必ずあけましょう。
穴がないと煙が前に回り、いぶし気味になってしまいます。

コの字に積重ねたレンガが段違いになるよう並べる作業を繰り返し行います。

10段目に、天板となる大判のレンガ3枚をのせたら完成です。

網を間に入れればバーベキューコンロになります。

前をレンガでふさげば、燻製つくりも楽しめます。

使用後、レンガを簡単に崩すことができるので場所をとらないのが魅力です。
崩したレンガはペイピング材や花壇の縁取りに再利用することができます。

ジョイフル本田 デンセンター守谷店 佐藤

このレシピへのコメント