[育てる] 鳥・小動物

うさぎについてのご紹介

tsukasa

大人から子供まで幅広く好かれる人気者の動物です。うさぎについての特徴、コミュニケーションのとりかた、しつけなどについてご紹介させていただきます。飼育をしてみようという方の参考になれば幸いです。

所要時間

かかった費用

レシピのコツ

  • うさぎは臆病な生き物です
  • うさぎは賢く、コミュニケーションを取れれば素晴らしいパートナーになる
  • 健康管理は日頃の観察が大事

うさぎの大きさは30cmから50cm程、体重は1kgから10kgと品種によってかなり大きさは異なります。寿命は8年から10年と大型犬種と同じくらい長生きします。

うさぎは生後約4ヶ月から半年で子供を産めるようになり、めすが1回に産む子供の数は5匹程から多い時には10匹以上産むこともあります。
生まれたばかりの子供は最初、目も耳も閉じていますが約2週間弱程で目が開き、3週間ぐらいでは餌を食べたり巣から出て活動したりします。
仔うさぎは1か月から1か月半ほどで離乳します。

草食動物であるうさぎは警戒心の強い動物です。飼育をしながら少しずつ警戒を解いていく必要があります。慣れれば呼んだら来るようになりますし、抱っこもさせてくれますし、時々人間臭いしぐさをみせてくれます。

うさぎは、歯が伸びすぎてかみ合わせの不良である不正咬合を起こす可能性のある動物です。それを防ぐためにかじって歯を適正な長さに保つためのおもちゃや木などのかじる物を用意するのが一般的です。

1か月から1か月半ほどの離乳期を過ぎたうさぎが子うさぎと呼ばれております。生き物全てに共通しますが子うさぎは人間でいえばヨチヨチ歩きの赤ちゃんです。

子うさぎは親元から離れるストレスと知らない場所に対する警戒心がとても高まりやすい為、警戒心を解いてあげる、ストレスを軽減させてあげることが重要です。
1日目から2日目程度はとにかく環境に馴らす為にケージの中で静かに過ごさせます。

3日目から5日目は声をかけながら頭や背中を撫でてあげましょう。うさぎも慣れないことで疲れてしまうので最初は10分くらいが適当です。

1週間程度してケージの中での触れ合いが慣れてきたら部屋など広い環境でスキンシップをはかります。初めのうちは10分から20分くらいが適当です。部屋を探索させ、追いかけたり撫でたりはせず環境に慣れさせます。うさぎの方から人間は自分に危害を加えないと認識するとうさぎさんの方から寄ってきます。その時もいきなり撫でられたりすると警戒してしまうので、匂いを嗅いだり、舐めたりの行動で十分安心させてから
緊張の様子が見られなくなってきたらスキンシップをとりはじめます。

うさぎのトイレしつけは比較的容易です。コミュニケーションがとれたらすぐに始めましょう。
うさぎはウンチやチッコは決まった場所でする習性があります。
自然界では排泄をする時は無防備な状態になるので、背後や天井から天敵が狙ってこない安全な場所を選び排泄します。壁側の隅っこに排泄することがほとんどです。
うさぎをケージに入れて最初に排泄した場所におトイレを置いてみましょう。うさぎは頭がいいのでトイレの大きさや形が合わない場合はおトイレで排泄しないことがあります。三角型トイレ、四角型トイレ、大きさなどうさぎの身体に合ったものを選びましょう。

痩せていないかの体重チェック、毛並みはバサバサしてないか、耳はピンと立てることができるか、目は輝いているか、鼻水は出ていないか、歯は上下で正しく噛み合っているか、お尻の周りは糞などで汚れておらずきれいか
耳の中はきれいか、体にしこりはないか等が主なチェックポイントです。

大半は毎日うさぎを観察していれば気づくことができるポイントです。エサや水替えの時、ケージの掃除の時、コミュニケーションの時など日常のちょっと気になる点が見つかった場合はすぐに動物病院に連れて行き診察してもらいましょう。

飼育するうえで、動物病院を見つけておくこともお勧めします。
出来れば休診日の異なる2つのかかりつけを見つけておくといざという時慌てることなく診察が受けられるでしょう。

「うさぎは寂しいと死んじゃう」とうことを聞いたことがある方は多いでしょう。本来は大きな環境の変化が原因で、それがストレスになり、病気を起こしやすくなることから生まれたのではないでしょうか?「うさぎににんじん」「水を飲むと死んでしまう」などウサギにまつわる話が多く存在します。
その反面、キャラクターとしてもうさぎはたくさん登場します。身近な存在ながら意外と知らないうさぎについて一人でも多くの方に少しでも知っていただける機会になれればと思い紹介させていただきました。

飼育に役立てるうさぎ用品もご紹介いたしておりますのでご参考にご覧ください
https://joyfulhonda.jp/feature/detail/383/

このレシピへのコメント