[作る] なんでも

模型のベース(台)を作る

Tomo

ディスプレイケースに車の模型を飾ろうかと思った際に高さに余裕があったので
ベースを付けてディオラマというか、ビネットみたいなものにしてみようと思い、作ってみました。

所要時間 1日

かかった費用 およそ1,500円

桧 工作材 厚2mm×幅20mmで外周を、舗装路の下地をプラ板1mmで角の補強に5mm角棒で基本の箱を作った。プラ同士はプラ専用接着剤、木とプラは両面テープでくっつけました。

高低差を付けると見栄えがするので土の斜面を、こげ茶の木粉粘土だったか、石粉粘土だったかで作った。これなら後で塗料が剥げても安心。

柵は柱が5mm角棒で、横桟は3mm角棒を切って接着しただけ。
足元は0.5mmプラ板を貼って、Pカッターで溝を掘った。

アスファルトは耐水ペーパーで、タイヤが通りそうな所にパステルで軽く色をつけてます。
白線はマスキングして薄めない状態の白い塗料を塗って乾いてから剥がすといい感じに境界がザラザラします。

木はエナメル線を束ねた物を適当に作り、スポンジたわしの緑の部分をちぎって絡ませてます。

外周は木口テープを貼りました。
銘板はプリンターで出力した物を貼りました。

車の方はタミヤのキットで
シート裏をパテで埋めて、Bピラーの内装部分とシートベルトをプラ板から自作、内装のドアノブあたりも追加しました。

ボディーは缶スプレーで吹いて、埃がつかないように乾燥用のプラケースに入れて乾燥を待っただけで、コンパウンドで研ぎ出ししたりはしていません。

まぁ、良い感じにできたのではないかと思ってます。

このレシピへのコメント