[直す・いじる] 家の中のもの

トイレのドアをリフォーム

なのは

トイレの壁をリフォームしたらドアの色が合わなくなったので腰壁と同じペンキを塗ることにしました。この機会に以前から欲しいと思っていた明かり窓もつけることに・・・建具に穴をあけるのは勇気が要りますが便利になりました~

所要時間 5時間

かかった費用 およそ2,000円

写真を撮り忘れたので別のドアですが、ドアノブの位置以外はほぼ同じものです。

ガラスを留めるための枠を作ります。ガラスよりひとまわり大きめの枠になるように、今回は7cm角のガラスを留めるため、上辺6cm、下辺9cmの台形状の板を8枚作りました。45度カットは難しい~

ガラスをはめる位置を決めて印をつけます。

ドアを外し、ガラスと同じ大きさの穴をくり抜きます。糸鋸などがあると良さそうです。私は持っていないのでカッターで筋を付けてから小型のノコギリで切りました。それでも何とかできました(笑)

くり抜いた板とガラスの厚さが異なる場合、同じくらいの厚さになるよう木材などで調節します。(これをしないとガラスがガタガタしてしまう)
今回は差が4mm程だったので割りばしを貼り付けて調整しました。

ペンキがのりやすくなるようにサンダーで表面を削ります。またはプライマーを塗ります。(ドアの材質によっては必要ないかもしれません)

ガラスをはめる穴の表側にステップ2の板を木工用ボンドで貼りつけます。ガラスを外せるようにしておきたい場合、裏面はボンドを使わずビス止めで枠を取り付けます。外せなくてもいい場合は表側と同様にボンドで貼ります。

周囲を養生してからドアとドア枠にペンキを塗ります。ドアノブなどのパーツ類はなるべく外した方が仕上がりはきれいです。広い面は刷毛よりもローラーを使った方が楽できれいに塗れました。

こちらの画像はトイレの中から・・・明かり窓も付いたので使用中とか消し忘れがわかりやすくなってよかったです(^^♪

壁に貼れるステッカーを見つけたので貼ってみました。飽きたら剥がせるし、なかなか良いです♪

このレシピへのコメント