[作る] 家具

電線ドラムをかっこよくリメイクした飾り棚

osawaeng

不要になった電線ドラムをたくさん譲っていただきました。
何とか有効活用したいと思い電線ドラムのリメイクに初挑戦してみました。長い間風雨にさらされていたようで、ひび割れやがたつきなどの補修に一番時間がかかりました。
好きな雑貨をたくさん飾れる棚が欲しかったので、満足(自己満)です。

所要時間 2日

かかった費用 およそ4,000円

最初に経年の劣化によるひびわれやがたつきなどを補修し、ラベルなどが貼り付けられていたと思われるタッカーを引き抜きます。女子ゆえの力不足でこの作業に一番苦戦しました。

サンダーとディスクグラインダーを駆使し、灰色で塗られていたペンキを削り落とし表面のデコボコやざらつきをなめらかにします。

いよいよ塗装です。
ここからは楽しい作業、息子君(6)に手伝ってもらいながらぬりぬり。木目を生かしたいので木部保護塗料ウォルナットを使用。

柱部分はやはり木目を生かしたいので木部保護塗料のジェットブラックを使用し、渋めのツートンカラーに仕上げます。

もともとあった刻印、電線ドラムのサイズでしょうか??
刻印がサンダーで削ったため消えてしまったのでステンシルで再現します。黒いペンキが余っていたのでスポンジでトントン。

柱部分は黒いので白のラッカースプレーでステンシルします。
二つ重ねて完成です。

このレシピへのコメント