[育てる] 植物

栽培キットをつかったしいたけの育て方

shingo

秋に旬を迎えるキノコ類。自分で栽培するととなると手を出しにくいイメージがありますが、手軽なキットを使うことで家庭でもキノコ栽培をすることができます。必要な広さは最低役20cm四方とわずか。収穫したての風味豊かな味わいと香り、カサの開き具合によって異なる食感なそ、自家栽培なさではのキノコの魅力を味わってみませんか。

所要時間 7日

かかった費用 およそ1,200円

原木のかわりとなる「菌床ブロック」には八ヶ岳の麓にあるきのこ農園にてきれいな水と空気のなかで育まれた菌が植えつけられています。

菌床ブロックと説明書が入っています。

よく読みましょう。

栽培条件ですが、直射日光は避けてください。
栽培適温は昼温15~25℃、夜温5~15℃です。
昼夜の温度差が大きい方がキノコが発生しやすいです。

菌床ブロックをパッケージ袋から取り出して、バケツや袋を使って水に浸けます。(10時間程度)

表面が乾かないように、毎日霧吹き等で水分をあたえます。(普段は袋を軽くかぶせましょう)

2~7日後に芽がでます。
毎日水やりを繰り返しながら、芽吹きから1週間後には収穫できます。

このレシピへのコメント