[作る] なんでも

ふうせんと紙粘土で作る獅子舞貯金箱

amuちゃん

獅子舞作ってみました。中を空洞にして貯金箱にしてます。粘土は重量感のある『たのしい紙粘土』がオススメです。お祭り好きな方作ってみてはいかがですか?

所要時間 90分

かかった費用

ふうせんをふくらませ、5㎝幅にカットした工作用紙にラップを巻き、写真のようにセロハンテープでまきます。(後にふうせんは割り、工作用紙は抜き取ります。)

ふうせんの部分に粘土を覆います。上にお金をいれる穴をヘラであけます。

獅子舞の口のあたりの粘土をつけ、口部分の成形をします。

鼻や目などを粘土をつけながら成形します。耳などは別途成形し、乾燥させます。

粘土が乾燥したら、ふうせんとラップを巻いた工作用紙を取り除き、内側も乾燥させます。
乾燥後、獅子舞の裏側のあいている部分を覆う大きさの工作用紙をカットして、下のほうにお金をだす45㎜の穴をあけ、木工用接着剤で粘土に接着します。

アクリル絵の具で色を塗り、乾燥後、ニスを塗ります。耳などのパーツは木工用接着剤で接着し、貯金箱のフタをいれます。
お好きな生地を獅子舞の裏のフチに木工用接着剤で接着すれば完成。

このレシピへのコメント