[作る] なんでも

紙粘土で作る猫のテープカッター台

amuちゃん

かわいいテープ台がなかったので、身近にあるもので作ってみました。箱のベースはカレールーの空箱、刃の部分はラップの刃を使ってます。粘土は重量感のある『たのしい紙粘土』がオススメです。

所要時間 60分

かかった費用

セロハンテープがはいる幅の箱(カレールーの容器など)を写真のようにカットしまう。仮でセロハンテープを置いて、テープの芯の軸になる竹串がはいる穴を5m幅くらい下書きをします。

切る①の下書きした箇所を切ります。(竹串をおいてみて平行になるように)

ラップの空箱から刃の部分をとり除き、容器の幅と同じ幅のサイズにカットします。

セロハンテープの内側にはいるように紙粘土を成形して、竹串がはいる穴をあけます。粘土は乾燥すると縮むので、大き目に穴をあけてください。

容器の外側に木工用接着剤を塗り、粘土を全体にはりつけます。

猫の形になるよう粘土を成形します。溝の部分は竹串がはいるように粘土はくりぬいてください。刃を貼る場所は、粘土を高めに成形します。

粘土が乾燥したら、刃を貼る場所以外にアクリル絵の具で色を塗り、乾いたらニスを塗ります。(色・ニスを塗ると、接着剤のつきが悪くなってしまうので)
テープの中に入る粘土に竹串を通し、猫の溝にはいるように竹串をカットします。

カットしたラップの刃を多用途接着剤で接着します。

テープをセットすれば完成。

幅のせまい空箱って結構いろいろとあります。テープのサイズにあった空箱をさがしてくださいね。

このレシピへのコメント