[作る] なんでも

伝授します!工作絵の具の選び方

amuちゃん

いろいろな工作をしていますが、絵の具は主にアクリル絵の具という水で溶かせて乾くと耐水性になる絵の具を使っています。水性の絵の具は、ニスを塗るとにじんでしまうので工作には向いてません。今回は私が使っている絵の具を紹介したいと思います。

所要時間

かかった費用

トールペイント向けの絵の具ですが、1本あたり200円くらいです。単品の色塗りが多いので、量の多いこの基本の6色を少しだけ水を混ぜてベタ塗りしてます。
色を混ぜるときは、同じ配合ってなかなか出来ないので、紙コップにちょっと多いかなと思うくらいの量を作り、制作が終わるまでラップをかけて保存しておきます。
塗り終わったと思っても色が剥がれたりすることもあるので、仕上がるまでは補修用にとっておくといいですよ。

ターナーやリキテックスなど、画材コーナーにある絵の具です。
必ず不透明のガッシュを選んでください。透明と不透明があるんですが、透明は色重ねに向いてません。
色のバリエーションや発色はセラムコートより良いので、色を混ぜて作ることができない場合、綺麗な色、ゴールド系はこちらを使ってます。

100円ショップに不透明のアクリル絵の具があったので、使ってみました。色数は少なかったです。
発色はよく、セラムコートのように塗れますが、乾燥後に作品に傷がつきやすかったです。紙系に色を塗る場合はニスを塗らないので、あまりオススメしませんが、紙粘土などニスを塗って仕上げをする作品に向いてます。

工作向けのアクリル絵の具のセットです。色は6・8・10色とありますが、値段が1000円前後です。
いろんな色を使う作品の場合やお子様の工作などには、フデやパレットもついているのでオススメです。

ニスはハケがついているハケ付きニスを使ってます。
刷毛を洗わなくていいのでとっても便利です。ニスがなくなったら、単品のニスを継ぎ足して使ってます。
大きい作品を塗る場合は、ニスと刷毛を使ってます。
ニスと刷毛を別に揃える場合は、刷毛はラッカーで洗わなくていけないので、安いフデを買って使い捨てしました。大きい作品の制作が多い方は、使い捨てはもったいないので、ラッカーで洗浄してくださいね。
ニススプレーもありますが、ニスの厚みや仕上がりのツヤは、塗るタイプのニスの方がいいので、大体の作品はこちらを使ってます。

細かい溝や穴、フデが入らなそうなもの、単色で仕上げる場合は、スプレーを使ってます。主にアクリル顔料系のスプレーを使います。
アクリル顔料系のスプレーはメーカーによって色の濃さも違いますので、1度塗りで終わるものもあれば、2,3度塗りすることもあります。1度でうまく色がのらない場合は、慌てずに一旦軽く乾かしてから2度、3度塗ってください

セットについているフデや、価格の安いフデだと毛が柔らかく抜けることが多いので、画材コーナーや、トールペイントコーナー、粘土売り場のコーナーのフデを使ってます。
写真のフデはジョイフル2の粘土コーナーにあったセットのフデですが、5本で500円くらいでした。価格も安くて毛も抜けないので2セット購入して愛用してます。1セット分は、毛の長さをカットして自分の使いやすいように調整してます。

ドクロ・・・セラムコート
王冠・・・セラムコートとゴールデンアクリルガッシュ
コンパクト・・・リキテックスアクリルガッシュとゴールデンアクリルガッシュ
ケーキ・・・セラムコート
宝箱・・・100均一の絵の具とゴールデンアクリルガッシュ

このレシピへのコメント