[作る] なんでも

カラー工作用紙で光る車作り 前編

amuちゃん

好きな形の車が作れないかなと試行錯誤して工作用紙でボディーを作ってみました。豆電球もつけたので、ライトが光ります。工作用紙は色がついているカラー工作用紙がオススメです。

所要時間 90分

かかった費用

スチレンペーパーを写真のようにカットします。スロトーを貼る位置には点線で印をつけておいてください。
次に、スチレンペーパに合わせて写真のように工作用紙の端の方に写真のように線を書きます。半円は直径6㎝です。

先程の工作用紙に(車の下側になる箇所)、1cmののりしろ部を書きます。上部はフリーハンドでボディのラインを書きます。

下書きを切り取り、反転して下ラインを書き、切り取ります。

工作用紙(横向き)を、10cm幅+左右1cmののりしろ部をいれてきります。長さはとれるだけとってください。

のりしろ部には、5㎜間隔くらいで切れ目をいれます。
次に、電球をいれる穴を写真のようなあたりに穴を2つあけます。(直径15㎜)

車のボディーと切る④をグルーガンやセロハンテープを使って接着します。切る④は穴が開いている方がフロント側になります。

最後は4~5㎝あけてカットします。
(電池BOXのスイッチが操作できるように・電池を交換するために)

もう片方のボディもグルーガンやセロハンテープを使って接着します。

ソケットのまわりに多用途接着剤を塗り、穴に入れます。

配線用コード(ビニールコード)を15㎝くらいに2本カットし、電池BOXに配線します。ここで電池をセットした場合は、スイッチはOFFの状態にしてください。

電池BOXをスチレンペーパーに多用途接着剤で接着します。
次に8㎝にカットしたストローも多用途接着剤で接着します。
(接着はグルーガンでもいいですが、はがれてしまう恐れもあります)
後編に続きます。
あと一息です!頑張ってください。

このレシピへのコメント