[作る] 家・ログハウス

小鳥の巣箱を作る

matoudai

廃屋のスケルトン・セルフリフォームをしているmatoudaiです。
セルフリフォームも終盤に近くなっています。 物件の屋根の中にあった雀の巣、春先に屋根の隙間に網をはり強制的に使用禁止とし、安心していましたが、別の場所にまた巣作り・・・絶対だめと再度強制撤去!!
しかし、屋根の上から人間の暴挙を見とがめる雀の視線・・・負けてしまいました。 

所要時間 3時間

かかった費用 およそ0円

可哀想と思いつつ2回も巣を壊してしまった私、悲しげに屋根の上から見つめる雀、更に攻撃のような行動まで・・・負けてしまいました。 分かった、巣箱作るから許して、と言うことで今回は巣箱作りの投稿です。 でも本心は人間の作った巣箱にそう簡単に入ることは無いだろう、しばらく様子を見て雀がいなくなったら撤去・・・・・そんな予定でした。

でも、雀夫婦本当の住宅難、お産を控え本当に必死だったようです。
なんと、翌朝にはご入居頂きました。 

鳥の巣 破壊者としての罪滅ぼし、半日の工作です。


写真は材料、檜フローリング15mm厚、有効幅110mmの板材 材料です。

冬から準備した巣箱なら可能性あると思うが、この時期にいきなり巣箱掛けても、常識的に入る訳なし。 そんな思いもあり単純に巣箱のようなもの、簡単なものを作成しました。 すべてアバウト、縦横はフローリング2枚 奥行きは1枚そんな感じです。 (フローリング幅が110mmですので巣箱本体屋根含まずで縦200・横250・奥行き140すべて外寸、 屋根の奥行き220)
出入り口の直径は、たまたまあった40mmのホールソーチャック
止まり木も、ジョイ本さんで昔購入した10mmの丸棒です。

たぶん、使われない巣箱と思いましたが、途中からリフォーマーとして“住まいを作る”と言う命題に対して燃えてきました。 出入り口止まり木⇒ジョイ本さんの真円の丸棒、絶対雀使いにくい? 縦に鋸で筋を付けました、真円で無いので足掛かりあり停まりやすいです。 密閉した箱ではダニなどの危険も考えられますよね、そこで底面に8mm程度の空気穴を6個設けました、更に止まり木、巣箱内部にも貫通させ、小雀の巣立ち足掛かりとなるよう配慮しました。  さて、これで雀の巣破壊者としての後ろめたさ解消、自己満足で屋根の最上部に取り付けて完成。
あー、良かった。 雀の呪い解消

破壊された自宅の確認し、被害の大きさに途方に暮れている屋根の上の雀夫妻に、声を掛けました。 『2回も家を壊して申し訳ない、この家で満足するなら安住を保証する、しかし気に入らなければ、よそへ引っ越しお願いですよ!!』

心は通じたようです、ステップ1の即日完売(入居)となりました。

写真は屋根に設置した様子です

久しぶりに、現場に嫁さんが視察に登場
鳥の巣を見つけて、何故 こんな所に・・・フン公害考えているの・・・ブースカブー、とか言っていました。

しかし、屋根の上の雀との約束、即日入居は生き物どうしの契約完了と心得ています。 嫁がなんと言おうと、雀と約束だ 絶対壊さん!!

雀さんとの共同生活当分続きそうです。 4月24日頃

写真
本当は巣箱の止まり木に停まっている雀さんの写真を写したいのですが、2回も巣を壊され非常に警戒心が強くなっています。 無用に刺激したくないので後日、落ち着いた時に撮影しアップしたいと思います。

今回はステップ3の写真に雀が止まっている想像お願いします。

このレシピへのコメント