[作る] 庭

おしゃれな平板で小路を作ろう

shingo

玄関前の小路が雨が降るとぬかるんでしまって歩きにくい状態でした。また色気も少なく思い切ってイメージチェンジを図りたいと思ったところ、紐でつながって簡単に施工が出来そうなおしゃれな平板にめぐり合ったので今回施工しました。

所要時間 1日

かかった費用 およそ15,000円

レシピのコツ

  • 砕石を入れてしっかり転圧して下地を作りましょう。

鎌や三角ホーなどを使って雑草を取り除きます。

立鎌やレーキなどで路盤を平らにならします。

地盤に強度を持たせるため砕石を入れます。厚みで5~10cmくらい入れるとしっかりとした路盤が作れます。

入れた砕石をタンパーなどでしっかりとたたき路盤をしっかりと固めます。道具が無ければ砕石の上で飛び跳ねたりして圧をかけます。

しっかりと転圧した砕石も真っ平らにすることは出来ないので、砕石と平板の間にお互いの凹凸を緩和するために川砂を敷きいれます。厚み3cmくらいにコテで押さえながら敷き広げていくと良いでしょう。

平板を敷いて出っ張った部分を砂地に埋め込むように上から圧を加えます。石材を傷つけないように頭の柔らかいゴムハンマーでたたいていくのがオススメです。

平板を一通り敷き並べたら目地(石と石の隙間)に乾いた川砂を掃きいれていきます。

砂を入れ終わったら全体的にシャワーをかけて砂を落ち着かせていきます。砂が下に沈みこんでしまった部分は、再度乾いた砂を掃きいれてまたシャワーをかけるといった行為を、砂が落ち着くまで繰り返します。

余分な砂を流しだして完成です。

草が生えてみっともなくなっていたお庭がとっても綺麗に仕上がりました。平らに仕上げるのに神経質になりすぎてゴムハンマーでたたきすぎては戻してを繰り返して多少時間を浪費しましたが、何とか仕上がりました。

ガーデンセンター市原店 担当 古橋久幸

このレシピへのコメント