[作る] なんでも

牛乳パックで城貯金箱作り 前編

amuちゃん

牛乳パックの裏側の白い色を生かして、お城の貯金箱を作ってみました。お金は、門を開けると出てくる仕組みになってます。材料は牛乳パック3本、なみなみダンボールと工作用紙がメインになるので、材料代は安いですよ。

所要時間 90分

かかった費用

お城は、牛乳パックの裏側を表として使います。
牛乳パック1本を開いて、図のように
1-Aを2枚
1-Bを1枚
1-Cを1枚
カットして、折れ線の印をつけます。

もう1本の牛乳パックを開いて、図のように
2-Aを2枚
2-Bを2枚
カットし、折れ線の印をつけます。

最後にもう1本牛乳パックを開き、図のようにカットします。

工作用紙を図のようにカットし、折れ線の印をつけます。

なみなみダンボールを図の通りカットします。波の向きに気を付けてください。
なみなみ①-Aを2枚
なみなみ①-Bを2枚
なみなみ②を4枚
なみなみ③を2枚
なみなみ④を1枚

工作用紙を4×8㎝を1枚、1㎝×4㎝を2枚切ります。
割り箸を割り、割った1本とカットした工作用紙をアクリル絵の具で色を塗ります。
※門のパーツになります。お好きな色を塗ってください。

牛乳パック1-A、1-Bに窓の絵を黒のペンで描きます。

牛乳パック2-A、2-Bにのりしろ部から3㎝のところに屋根を貼るラインを下書きします。次に黒のペンで窓を描きます。(のりしろ部は下になるように注意してください)

牛乳パック3の赤印のラインから5㎝のところに屋根を貼るラインを下書きして、黒のペンで窓を書きます。

牛乳パック3を窓を描いた方を表にして、セロハンテープで組み立てます。

工作用紙Aと牛乳パック3ののりしろ部をグルーガンで接着します。
工作用紙の真ん中くらいに牛乳パックがくるよう配置してください。
工作用紙は、のりしろ部がない方が前になります。
牛乳パック3はお金を入れる穴がある方が前になります。

工作用紙Bののりしろ部を折り、牛乳パックと貼り合わせた工作用紙の端から、牛乳パック3の中に斜めにセロハンテープで貼ります。

このレシピへのコメント