[作る] 家具

ぴったりサイズの壁収納付きスタンディングデスク

mit

我が家は賃貸マンション。限られたスペースをきっちり使って壁収納を作りたい!それと、自分にぴったりサイズのスタンディングデスクも合わせて。
力もないDIY初心者ですが、楽しみながら作ってみました。

※耐荷重や強度は、私が使ってみて日常使用には問題ないと思う程度を想定して設計しました。お子さんが使う場合や、重いものを載せるのには適していないと思いますのでご注意を。

所要時間 3日

かかった費用

私はこれまでDIYらしいDIYをしたことがありません。道具もないですし、賃貸ですし。でもものを作るのは好きなので、どうにか自分のできる範囲でやってみたいなと思っていました。
で、前々から構想していたこの机を実際に作ってみることにしました。うまく行くかどうかわからないからなるべくお金をかけない方向で。

左の写真は設置予定場所。ここに簡単な壁収納と机を作ります。

となると、問題になるのはカットなどの道具周り。
今回はジョイフル本田の加工室で木材をカットしてもらって、家で
組み立てる方法にしました。(自分で運べる大きさにするのが大事!)

今回は車で荷物を運んだので、2×4材を二本繋げて1本の長い柱にすることにしました。(天井高-40mm)÷2の木材を「ディアウォール中間ジョイント」で繋げます。縦に並べた木材を、このジョイントで挟んでビス留めするだけ。

この時、1本目は電動ドライバーなしで、普通のプラスドライバーでネジしめしてみたのですが、一見しまっているように見えても、柱を立ててみるとものすごくぐらつきました。
これでは地震に耐えられない。
ので、兼ねてから気になっていた「電動ドライバー」をこの機に購入してみました。(Boschというメーカーのixo5という機種。小さくてバッテリー式。5000円程度)
電動ドライバーでジョイントを取り付けると柱を立てても、揺すって不安な感じはありませんでした。また、一本のビスを締めるのに数秒と時間も短縮できています。

ディアウォールを使って柱を立てていきます。立て方の詳細はディアウォールのページをみてみてくださいね。
私の場合、柱は天井高-40mmでカットしましたが、少し緩かったのでアジャスターを挟んで調整しました。

38mm角材に金具を取り付けて、脚を組み立てていきます。こんなぴったりな金具があるなんて、DIYの世界はすごい。

2脚組み立てたところ。細い脚にしたかったので、金具はがっちりしたものを両面につけてみました。

脚だけでは安定しないので、蝶番を使って柱に接続しました。天板は載せるだけなので、天板をどかせば脚を畳むこともできます。

天板を載せてみたところ。あまりにぐらつくようなら脚に固定するつもりでしたが、安定していて自分の体重をかけてもしっかりしていたので、上に載せただけの状態で使うことにしました。

棚をいくつか好きなところにつけてみました。金具(金折という商品名でした)を使って棚板を載せて固定しています。
モニタなどの配線をしてひとまず完成。

今回塗料を塗っていませんが、今の所快適に使えているのでこのまま無塗装で使う予定。

このレシピへのコメント