[ライフスタイル] なんでも

ジョイフルアスレティッククラブのテニス(フォアアンド)

tukurou

メジャースポーツのテニス。激しい動きのイメージがありますが、年齢に合わせて長く続けられるスポーツでもあります。えんじょいふる紙面に載せきれなかったプレイをお届けします!
フォアハンド、バックハンド、サーブの3編です。
バックハンド⇨http://makeit.joyfulhonda.jp/recipe/mod/2811

所要時間

かかった費用

ボールを打つためにラケットを引く動作がテイクバック。現代のスピードテニスではテイクバックをコンパクトにセットするのが主流です。しっかりと肩甲骨を意識しながら、体をひねるようにテイクバックします。

インパクトに向けて、一気に体のひねりを戻していきます。腰が前方を向いているのが分かると思います。ボールの位置もしっかりと目で追っています。

体のひねりを戻しながら一気にインパクトに持っていきます。肩、肘、手首、ラケットの順でしっかりとラケットが振れるように意識しましょう。力が入ってしまうと、棒を振り回すようになってしまいインパクトで力が発揮されません。初心者は打点が遅れがちなので、一番力が入るポイントを把握しましょう。
左手で体の開きを抑えているのもポイントです。

インパクトの後に、しっかりとフォロースローを意識することが手打ちにならないポイントです。フォロースルーのひと押しがボールに威力を付けてくれます。スピンやフラットを打ち分ける時にもフォロースルーの意識は大切になってきます。

このレシピへのコメント