[ライフスタイル] なんでも

ジョイフルアスレティッククラブのテニス(サーブ)

tukurou

バックハンドに続いてサーブと「上手くなるには」です。

所要時間

かかった費用

サーブで大切なのはボールのトスアップです。リラックスして肩の力を抜いて、ボールを優しく持ちます。
だいたい、目線の辺りで手から離れるイメージです。ベースラインを並行になる位置でボールを上げましょう。

肘から持ち上げていき、手首、ラケットと出していきます。インパクトの時には内転(親指を前に出す感じ)を意識して、ラケットの面がボールにしっかりと当たるようにしましょう。右足からラケットまでが一本の線になるようにします。
インパクトの後も体のバランスを崩すことなく、相手のリターンに対して準備を整えることも大切です。

ボールを打つときに力が入りすぎないようにします。
体全体を効率よく使ったフォームの習得が大切です。スクールではフォーム、バランス感覚を学ぶことができます。

このレシピへのコメント