ジョイフル本田のえんじょいふるにはDIYレシピがたくさん

[作る] 家・ログハウス

キッチンを作る キッチンリフォーム

matoudai

はじめに

どうしてもアイランドキッチンが欲しくて・・・
カッコ良いヤマハのアイランドキッチン、展示品のオークションでもあまりに高額で手が届きません。 またたった一人でのリフォームですので、天板の重さにも制限があります。  そこでいたって低価格でオークション出品されている I(アイ)型キッチンを購入、無理やり アイランドキッチンに仕立て直しました。

追加ご報告 完成しました。 2018年5月

所要時間 1ヶ月

かかった費用 およそ300,000円

必要なもの・準備

材料で必要なもの
材料名 サイズ 数量
リクシル システムキッチン 展示品お下がり 1
渡辺製作所 レンジフード シロッコファン 展示品 1
三栄 混合水栓 シャワー付き 新古品 1
カウンター用 天然木 板材 (栃 40mm×1200mm×280mm) 1
カップボード 娘夫婦からの下取り中古 1
アイカキッチンパネルと接着セット 5
電工材料 200V30A コンセント・ブレーカーなど 1
日立 IHヒーター 3300W 2口 + ラジエント 展示品
フローリング 長州ヒノキ24mm 無垢
照明器具 レールライト3灯+スポットライト1灯

キッチンを作る キッチンリフォーム

ステップ01

キッチンパネルの施工

通常の壁同様、構造用合板⇒9ミリ石膏ボード⇒キッチンパネルの順に施工しました。 今回は慎重に採寸、カッティングしアルミ見切り材など一切使用していません。 

キッチンパネルの施工
切断は鉄製の定規など使用し、クランプでズレを完全に防止し、表・裏からプラスチック板切断用カッターで切りこんで行くとうまく切れます。(ユーチューブ キッチンパネル加工)などを参照しました。

写真はパネルを張り終えたところ。 
930mm×1850mm×3mmのアイカパネル5枚 使用

ステップ02

給排水・電気コードの立ち上げ

以前『トイレを作る』で紹介したとおり、水の給排水についてはプロの応援を受け、床下まで温給水管・水道配管・廃水管をセッティングしてもらっていた。 フローリングの貼り込みに合わせこれらの配管と電気の配線を立ち上げることとした。

写真は其々を立ち上げたところ、 位置関係が狂ってしまうと取り返しのつかない作業、慎重に採寸しました。

調理器具は最後まで悩みましたが、自分で施工できるIHヒーターに決定
200V30A対応の配線をセッティングしています。

ステップ03

レンジフードの設置

おもしろ半分で天井高さを高くしてしまったため(キッチンパネル部分で2800mm、天井までは3300mm)レンジフード設置には鉄製アングルとステンレスワイヤーで宙ずりにしました。 ダクトもカバーせずそのまま・・・交換もできます。 (ホントは始末が難しかったのでヤーメタ)

画像は3のキッチンパネル施工の写真ご覧ください。


添付の写真は床を貼り終えたところ

左より 100Vコンセント配線 アース線付き 塩ビ排水パイプ 温水パイプ 水道水給水パイプ

ステップ04

照明のセッティング

リビングとキッチン全体の照明はLEDダウンライト10灯で明るさ調整器を設置しています。 MAXの明るさの時はキッチンも十分明るいのですが、通常は照度を半分程度で使用するつもり。 となるとキッチンで作業は全く明るさが足りません。 そこでキッチン専用に手元用スポットライトを正面天井より1灯、後ろにレールライト3灯設置しました。 リビングをシックな暗さにしてもキッチンは十分な作業が出来ます。 またスイッチは昔懐かしいプルスイッチ・・・濡れた手でもスイッチの操作が出来ます。
(プルスイッチは中央右 柱の陰についてます)

照明をキッチンの明かりだけにすると、スポットライトを受けている料理の先生・・・チョット大げさでした。

ステップ05

I型キッチンのセッティング

給排水管などの位置関係はほぼ正しく、割と簡単にセッティング完了。 
温水がキッチンで使えるようになりました。 今年の冬は『パックリ割れから解放されます』 嬉しー 


別件ですが 石油給湯器 優秀ですね
最大のメリットはランニングコストの良さ、冬場の風呂沸かしで1リッターチョボチョボ、夏場などは、ほとんど灯油が減りません。

デメリットは
・給湯機の価格が高い
・燃焼の排気臭
・燃焼時の音
・給油の手間
ここは、田舎なので結果。 石油給湯器の選択は大正解かな

ステップ06

裏側の始末

アイ型キッチンの裏は当然、添付写真のようになっています。
見るに堪えません。

ステップ07

キッチンパネルとカウンターの設置

壁で使用した、アイカパネルの残材を貼り付けました。
カウンターも足を2本付けてセット、素人の工作としては良し良し
配管はレンジフードダクトと同様、わざと見せてみました。

ステップ08

カウンターの施工について

カウンターへの足の接続について、紹介です。

キッチンカウンターについては、横方向への揺さぶりが少ないと考え、天板に少し差し込むだけ、抜け防止のため幅20ミリ程度のステンコーナー1個で押さえています。 大変簡単な作りとなっています。



添付写真
・足となる材料に15ミリの穴2個
・15ミリ丸棒をボンド接着(頭を10ミリ程度出しておく)
・この頭に墨を塗り足を付けたい場所に芋版のように捺印・・写真
・天板に付いた版跡を正確に15ミリドリルにて穴あけ
・天板に足を叩き込み、コーナーで抜け防止し完了
・キッチン側に受けを作り、足の逆側を固定

その後2カ月使用していますがまったく問題なし、大人が乗っても大丈夫
です。(テーブルなど横に揺さぶられる場合はもっと頑丈な補強必要です)

ステップ09

IHヒーターのセッティング

展示品の格安販売品をオークションにて購入、お値段は3万円ほどと超お手頃でしたが、排気カバーに大きな傷発見、でも未使用品であることは間違いなく動作もまったく問題なし。 クレーム報告せず納得といたしました。

ステップ10

全体の雰囲気です

カップボードの上ですが、この後合板の上にシーグラス(海岸に打ち上げられた瀬戸物の破片)を貼る予定です。 瀬戸物ブルーの壁となる予定です。

雰囲気は別の記事『メガネ石を作るを参照下さい』
近日中に別記事『装飾壁を作る』としてアップする予定です。
matoudai 記事一覧よりご覧ください。

レールライトを壁向きに1灯追加し、瀬戸物ブルーの壁が浮かび上がる予定・・・完成しましたら 追加ご報告いたします。

ステップ11

費用明細ご報告

システムキッチン・・・リクシル(サンウェーブ) I型 6万円 ヤフオク
レンジフード・・・渡辺製作所 シロッコファン 90センチ 1.5万円 ヤフオク
IHヒーター・・・日立HT-H6S-K 3万円 ヤフオク
水栓・・・三栄 シャワーヘッド付き1レバー混合水栓 1万円 ヤフオク
カウンター材・・・栃 板材、足用 角材 1万円 ヤフオク
カップボード・・・娘夫婦からの下取り中古 0.5万円
キッチンパネル・・・アイカ セラール5枚+接着セット 2.5万円 ヤフオク
フローリング材・・・長州ヒノキ24mm厚 100枚 6万円 ヤフオク
水道工事費・・・業者様支払い(水・湯・排水セット) 2万円
電工材料・・・レールライト・スポットライト・200V30A部材(プラグブレーカー・2.7VVF・30Aコンセント)など2.5万円 ヤフーショッピング
その他・・・木工材、スチールアングル・ダクトなど 2万円 ジョイ本
珪藻土壁材・・・フジワラ化学 プレミアム2袋 0.5万円 ヤフーショップ
合計 28.5万円となりました
(勝手口ドア・窓2窓を算入すると約36万円です)

ステップ12

追加ご報告

追加報告です。 追加工事は下記の通りです。
・カッティングボード上方 背面壁を装飾壁に仕上げました。
・レンジフード背面にガラスの整流版を設置しました。
・蛇口からの水はね防止用にガラス板を取り付けました。

以上終了して完成です。
追加費用は装飾壁・・・額縁材2100円 ジョイ本さん
           接着剤2300円 ジョイ本さん
レンジフードガラス・・・強化ガラス12000円 ネットショップ
            アルミチャンネル500円 ビバホーム
水はね防止ガラス・・・強化ガラス800円(処分品) ビバホーム

全合計 31万円 (通風ドアと窓2セット加えると38万円) 

写真は以前表紙としていたものです。