[直す・いじる] 車

ボディーペンでドアミラー塗装

shingo

ドアミラーを交換する際に、板金屋で塗装を頼もうと思ったのですが、それなりの値段になってしまうので、ボディーペンでの塗装にチャレンジしてみました。

所要時間 7日

かかった費用 およそ4,600円

レシピのコツ

  • 缶スプレーはよく振ってから吹き付けましょう。
  • 一気に塗るのでは無く、何回も塗り重ねるように吹き付けると、ムラにならずにキレイに仕上がります

耐水サンドペーパー(#600)でドアミラー全体を磨き、下地処理を行った後、シリコンオフで脱脂します。

ホワイトプラサフをドアミラー全体に吹き付けて乾燥させた後、耐水ペーパー(#1000)にて下地を均一に研磨し、再度、ホワイトプラサフを吹き付けます。

プラサフを乾燥させて、下地処理は終了です。

ボディーペンを使ってドアミラーを塗装します。使用前によく振って、塗料を混ぜてから吹き付けます。ドアミラーとは20センチ程、離して吹きつけます。1秒間に30センチくらい移動させる位に吹き付けるとムラになりにくいです。5回ほど塗り重ねてみました。

ボディーペンを吹き付けてから3~5分後に、クリヤ-を上塗りします。クリヤ-は4回ほど重ね塗りしてみました。クリヤー塗装後は埃が付かないように1週間程、乾燥させました。

クリヤー乾燥後の状態です。艶が出ていないのでコンパウンドで磨いて艶を出します。

コンパウンドを使って、細目→中細→極細、の順に磨き上げます。クリヤー乾燥状態に比べるとかなり艶が出て、ピカピカになりました。

ドアミラーを車に装着し完成です。ボディーペンでの素人塗装の割に、違和感の無い仕上がりに大満足です。(笑)

ボディペンで塗装したにも拘らず、純正のボディー塗装と遜色の無い仕上がり(笑)で大満足です。


ぜひご自分でチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

ホームセンター古河店 担当 清水

このレシピへのコメント