[見直す] インテリア

裏地付カーテンで家中の窓全部節電仕様にしよう!

ritsu

カーテンを吊り替えるだけなので、どなたでも簡単に節電仕様にできます。カーテンの採寸方法を確認してきちんと採寸してからお店に行った方が良いですよ。

所要時間

かかった費用

建物で熱の出入りが一番多い場所、それは窓なのです。夏、外から入り込む熱の約71%、冬、建物から逃げ出す温かい熱の約48%が窓やドアから出入りします。

現在使用しているカーテンに裏地が付いているか(生地が2重になっているか)確認してみてください。もし付いていなかったら(2重になっていなかったら)、ジョイフル本田へGO!

裏地付(2重)カーテンを購入して吊り替えればO.K.です。裏地付(2重)カーテンは生地と生地の間に空気の層が出来る為、断熱性が高くなります。考え方としては、裏地付のズボンとそうでないズボン、どちらが温かいかは明白ですよね?

裏地付カーテンは、そうでないカーテンと比べて少々値段が高いですが、長い目で見れば光熱費の節約が出来、結果環境への負荷を軽減できると思います。

ぜひお近くのジョイフル本田へご来店下さいます様、お待ち申し上げております。
ホームセンター荒川沖店 カーテン担当 斉藤 賢明

このレシピへのコメント