[作る] 家具

オリジナル棚をつくろう!(前編)

きゃめ!

棚と言っても、形はいろいろありますが、せっかく自分でつくるなら、見た目も良く手が込んでいる風に作りたいですよね!しかも簡単に!そういったことを踏まえ、コツを3つ提案し作成しました。
前編では、準備~材料の加工までをご紹介します。

所要時間 2日

かかった費用 およそ10,000円

レシピのコツ

  • ケガキを入れる事により、見栄え、強度もあがります。
  • 塗装を三段階で行うことにより、見た目もプロ級の家具に仕上がります。
  • ダボでビスを隠すことによって、きれいに仕上がります。

道具を揃えます。

使う材料を揃えます。

設計図を元に材料をカットします。
今回は300x885mmが2枚、300x900mm2枚、300x600mm1枚、300x585mm1枚、300x315mm1枚、300x300mm1枚にカットします。
(直線カットは、ホームセンターでもやっています。)

次に、重なる部分の墨出しをします。
今回は幅300mmにカットしたので150mmまで彫り込みを入れます。

電動丸のこがあれば,丸のこで墨だしした部分に、切れ目を入れます。
(無ければ手ノコでカットします。)

丸のこを使用すると、切残しが出るので、手ノコを使ってカットします。

切れ目を入れた状態はこのようになります。

切れ目を入れたつながっている部分にノミを入れ、落とします。

凹凸がある部分は、カッターや、ノミ等でけづります。そのあとで、ヤスリでキレイにします。

材料の表面をサンディングします。キレイに仕上げるためには、サンディングをしっかりしましょう。
(使用する板材によりますが、今回使用した、集成材は、ある程度仕上がっているので、#120~180位のサンドペーパーでサンディングしました。)

前編では、準備~材料の加工までをご紹介しました。
後編では、塗装~仕上げ迄をご説明します。

今回は、3x6板(910x1820mm)一枚の板で、余りが出ないように作るということにチャレンジしてみました。
この棚の作成難易度は中級ぐらいです。なによりも自分の作りたいサイズ、お部屋に合うサイズでつくるのが一番です。
3x6板で、3段で作成しましたが、棚にA4、A3の本やノートが入るサイズで作成してもいいですし、また、3段ではなく、4段・5段・6段と作成しても良いと思います。
そして、塗装をする場合にも、たくさんの色があります。1つの作り方で、様々なバリエーションを楽しめますょ。是非、後編もご覧いただき世界に一つだけのMY棚を作成してみてください。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。
ホームセンター新田店 木材担当 打越雅人

このレシピへのコメント