[ライフスタイル] アウトドア

美味しい焼とうもろこしの作り方

tomonori

火さえあれば茹でたり、醤油塗ったりしないでも十分おいしい焼とうもろこしができます。むしろこの調理方法が一番美味しいと思っています。とうもろこしが己の水分のみで蒸し焼きにされるので、甘さが凝縮されます。

所要時間 15分

かかった費用 およそ5,000円

レシピのコツ

  • 皮ごとの新鮮なとうもろこしをゲットします。
  • びしょびしょにしたら真っ黒になるまでほうっておきます。我慢我慢・・

バーベキューグリルに炭を起し、事前に皮付のとうもろこしを水に浸しておきます。炭ができるまでの間程度でOKです。ビニール袋などに水を入れたらとうもろこしを皮ごと入れるだけです。炭が熾き火になったら強火の上に直接、濡れたとうもろこしを皮ごと置きます。

全体的に焼けるように時折ひっくり返したり、回したりします。

表面の皮が、心配になってしまうくらい真っ黒こげになったら、火から外します。

皮をむくとふっくら蒸し焼きになった焼きとうもろこしが完成です!なんにもつけなくてもおいし~ですよ~!!!

個人的には醤油もいいけど、バターを塗ったくってからお好みのスパイスをつけて食べる方法が好きです。知らなかった方はぜひ挑戦してみてください!!

このレシピへのコメント