[直す・いじる] 水まわり

トイレの水漏れ修理(ゴムフロートの交換)

tomonori

便器へ水がちょろちょろと流れていて気になっている方、フロートゴムの交換だけで直すことができます。

所要時間 10分

かかった費用 およそ700円

材料で必要なもの
材料名 サイズ 数量
【トイレ補修部品】 TOTO フロートバルブ 密結及び隅付きタンク用 THY416R(フロートは一例です。) 1
道具で必要なもの
道具名 サイズ 数量
8本組ドライバーセット 1

レシピのコツ

  • タンクの品番などが分かれば、取り換え部品がわかります。

タンクに水が出ないように、止水栓を閉めます。

タンクの水を流して、タンク内の水を空にします。

タンクから古いゴムフロートを取ります。ゴムが劣化していると手が真っ黒になることもあります。

先端からの全長を測ります。メーカーや型式によりサイズは異なります。純正部品でなくても、補修専門メーカーの販売しているマルチタイプのゴムフロートを使用しても問題ありません。INAXなど画像とは形状がまったく違うものもあるので注意が必要です。

Sフックを鎖がピンと張る位置に取り付け、レバーにかける。鎖が弛んでいると流れないこともありますので注意が必要です。

止水栓を全開にして1回転戻した位置がよいでしょう。便器の中で流し水がしっかり止まっていることを確認して終了です。

ちょっとした情報を知っていれば出張料を払って水道業者を呼ぶ必要はありませんね。今回は部品代だけで700円でした。業者さんを呼んだ事を考えると最低でも7300円は得しちゃいました。

ぜひご自分でチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

お近くのジョイフル本田へご来店下さいます様、お待ち申し上げております。

ホームセンター荒川沖店 水道用品担当 大高 靖彦

このレシピへのコメント