[直す・いじる] 水まわり

ウォシュレットの取り付け方(前編)

tomonori

今までウォシュレットが付いていなかった方や、故障により買い替えを検討されている方のために、セルフでの取り付け方法を説明します。今回は、ジョイフル本田幸手店での取り付け実演会の模様をダイジェストでお伝えします。

所要時間 60分

かかった費用 およそ27,000円

レシピのコツ

  • 各接合部のパッキンを必ず確認する。
  • トイレ内の電源を確認する。
  • フレキホースの長さを確認する。付属品(30cm)以上ならば、別売品を購入する。

ウォシュレットの付属品を確認し、自宅のバケツや洗面器などの水受けと、プラスドライバーを準備します。

便器近くの止水栓を、付属のスパナで締めます。

タンク内の余計な水は流します。

便器下側のネジを付属の便座外し工具で緩め、便座を便器から取り外します。

給水管の下にバケツをセットします。

付属のスパナで給水管のナットを緩めて、取り外します。この時パイプ内の残った水が漏れますので、バケツで水を受けます。

給水管を外したら、付属の分岐金具を取り付けます。締め付けは付属のスパナで行います。

分岐金具とタンクの間に、付属のフレキホースを取り付けます。締め付けは、付属のスパナで行います。

便座に付属の基盤(ベースプレート)を取り付けます。上部から差込み、プラスドライバーでネジ締めをして、便座に固定します。取り付けには向きがありますので、本体にある表示にしたがって取り付けます。

便座に取り付けた基盤(ベースプレート)に、ウォシュレットを差し込みます。スライドするだけで取り付けできます。

やってみると案外簡単にできます。メーカー違い品も、サイズや取り付け方はほぼ同様です。ご自分でチャレンジしてみてください。

お近くのジョイフル本田へご来店下さいます様、お待ち申しあげております。

このレシピへのコメント