[ライフスタイル] なんでも

大人の塗り絵

tomonori

見本に少しでも近づけようと夢中になってしまいます。

所要時間

かかった費用

材料で必要なもの
材料名 サイズ 数量
大人の塗り絵
道具で必要なもの
道具名 サイズ 数量
水彩色鉛筆
水筆

レシピのコツ

  • 水筆を使って色鉛筆をのばすと自然な濃淡がつけられます。
  • 違う色を使用し、重ね塗りをすることによって立体感を出す事が出来ます。

見本のように、花芯、花、葉を水彩色鉛筆で塗っていきます。

葉は濃い部分を塗り、境をぼかします。花の明るい部分は白いまま塗り残します。

さらに濃い色を入れて立体感を出します。

水筆で全体を塗り、なじませていきます。色が違うところはその都度ティッシュなどで拭きます。

十分に乾かします。

全体をみて立体感や色のまとまりが足りないと思う部分に陰影を描きこんでいきます。イメージ通りになるまで繰り返して、最後に細部を描きたします。

水筆で色鉛筆を伸ばします。

完全に乾いたと確認できたら完成です。

濃淡をつけるのが難しかったです。筆跡を水筆で塗るとその部分が溶け出して、水彩画のような表現が出来ました。絵具より手軽で扱いやすいと思います。ぜひご自分でチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

アート&クラフト専門店「Joyful‐2」では、絵画・書道・陶芸・手芸からステンドグラス・ネイルアートまで、ものづくりに関しての道具や素材を取り扱っております。また、約50種類のカルチャースクールを開講し、初心者から上級者まで幅広い層にもの作りの楽しさを感じて頂く場を設けております。お近くの店舗への御来店を心よりお待ち申し上げております。

ご好評頂いております、ジョイフル2が運営する専用販売サイト「Art&craft‐Fan」も、ぜひご利用下さい。

販売サイト「Art&craft‐Fan」 http://www.ac-fan.com/

このレシピへのコメント