[作る] 家・ログハウス

ジョイパネで小屋を作ってみました!

Jun Ozaki

ジョイフル本田のオリジナルパネル「ジョイパネ」を使って物置小屋をつくりました。まるでパズルのように組み立てかんたん!専用のボルトで繋ぐだけなので組み立てるときに大きな音や木屑もでません!反りにくい木材(単板積層材)で精度も高く作れます。
※ 材料費は相場によって変動します!費用は投稿時の概算になります。

所要時間 120分

かかった費用 およそ67,000円

レシピのコツ

  • 基礎部分は念入りに!

ジョイパネはワンボックスに積み込めるサイズなのでお持ち帰りしてその日から作り始めることが出来ます。思い立ったらすぐ実行派にはピッタリですね!この量で約1.2坪タイプです。

基礎づくりは建物をつくるときの一番大切なポイント!コンクリート平板を設置していき、隣同士の平板に真っ直な木材を置いて水平器で高さを一定にします。

土台、床板を平板の上に置き、ガタつきがないか確認します。今回は芝生の上に立てるのでスコップなどで少し穴を掘りしっかりと固定させました。

壁はコーナー部分から立てていきます。その後、パネルの幅サイズを間違えない様に、ピッチリはめ合わせて壁パネルを立てていきます。1人でやるより2人で作業した方が断然効率が良いですね!

パネル同士をボルトで固定。よりガッチリと作りたい場合は、仕上げを木ねじで行います。パネル1枚に対してボルトは5〜8本が目安です。

ここまで来るとかなりハウスらしくなり一気にテンションがあがってきます!が、、この時小屋の水平がとれていないと屋根がうまくはまらないから要注意です。

一番シンプルな基本ハウス(約1.2坪)の完成です!基礎や土台、屋根材などは別ですが、約40,000円でこんな立派で実用的な物置小屋が出来ちゃう。屋根を付けたり壁を張ったりすれば見た目もさらに良くなり、長持ちもします。

アメリカンテイストの物置小屋にカスタムしました!色や仕上げは自由自在です!作る楽しさと使うよろこびってのがDIYの醍醐味ですね。ちょっとくらいうまく出来なかったところがあっても、それが味ってなもんです!

今回はジョイパネを使って物置小屋という比較的大きなものを作りましたが、もっと手軽に作れる棚や、収納ボックスを次回紹介します。様々なパネルのサイズがあるので部屋に合わせたオリジナルの家具をつくれます。低コストで作れて既製品にはない「味わい」のある家具はとてもオススメです!

シングル屋根材の詳しい作り方はこちら↓
http://makeit.joyfulhonda.jp/article/577

とびら部分の詳しい作り方はこちら↓
http://makeit.joyfulhonda.jp/article/1773

このレシピへのコメント