[直す・いじる] なんでも

石油ストーブ替え芯の交換方法

tomonori

難しいイメージのあるストーブの芯交換ですが、慣れてしまうととても簡単に交換できます。今回は、トヨトミ製のストーブで交換してみました。特別な工具も必要としないので、ぜひチャレンジしてみてください。
※撮影がうまくいかず、申し訳ありません(T_T)

※ストーブの替え芯は種類が多数ありますので、適合機種をご確認の上、交換してください。

所要時間 30分

かかった費用 およそ1,700円

レシピのコツ

  • 事前に本体内部に残った灯油を抜いておくと後の作業が楽になります。抜き取り用のスポイトがあると抜くのが簡単です。
  • 事前に掃除機やブラシを使って本体内部にたまったホコリを掃除しましょう。
  • 残った灯油の掃除用に雑巾やティッシュペーパーを用意しておきましょう。軍手があると思わぬケガも防げるので着用してください。

カバーの取外しの時に邪魔になりますので、石油タンクを抜き、ガラス筒を外します。

本体の両側面と背面にある止めネジ3本を外し、本体を前面に傾けながら上方へ持ち上げ取り外します。

芯調節器の止めネジ4本を外します。回しにくい場合はドライバーなどを使用して下さい。芯調節器を持ち上げて外します。

ハンドル軸を固定している止めネジを、ドライバーを使って外します。連結板を取り外します。

ハンドル軸を右へ回すと芯が上昇します。上昇した芯をしん保持筒と一緒に反時計回りに回転させつつ抜き取ります。

芯保持筒から古い芯を抜き取り、新しい芯をしん保持筒に取付ます。芯には金属の突起が出ているので、しん保持筒の取付穴に沿って取付をします。

芯保持筒を本体へ取り付けます。しん保持筒にはピンが出ており、本体側のハンドルアーム(溝)へ合わせて取付を行います。取付が終わったらハンドル軸を左へ回し、芯を下降させます。

芯を下降させハンドル軸の連結板を取り付け、止めネジを止めます。

しん調節器を取り付け、止めネジ4本を取り付けます。

本体を前方へ傾けながら取付けます。最後にネジ3本の取付をして、芯交換の完了です。

※種類が多数ありますので、適合機種をご確認の上、交換してください。

芯交換を行い修理することで、愛着のあるストーブを長く使い続ける事ができます。簡単に交換できますのでチャレンジしてみて下さい。 

ジョイフル本田幸手店 家電担当 三瓶直哉

このレシピへのコメント