[見直す] 防災・耐震

私にもできる地震への備え!

koguma

簡単に、しかも強力に耐震補強をしたいと考えていたところ、ジョイフル本田のネット通販で偶然見つけたこの商品!
「震度7対応」「貼るだけでOK」というキャッチフレーズに、誘われるがままに購入してみました!

所要時間 30分

かかった費用 およそ2,000円

材料で必要なもの
材料名 サイズ 数量
不動王 L型転倒防止器具

レシピのコツ

  • ホコリなどを取り除いてから、不動王を設置して下さい。
  • 壁との隙間、約20mmが不動王にとって非常に効果的な隙間となります。
  • 家具の天面からだけでなく、側面からの取り付けも可能です。

家具側・壁側の双方に、剥離紙を剥がした不動王を貼り付けますが、ホコリや汚れを取らずに不動王を設置すると、粘着が弱くなってしまうので、注意が必要です。
※ あらかじめ、家具を壁側から20~30cm程手前に移動させて、壁との隙間を作っておいて下さい。

キレイにした家具の上部に、剥離紙を剥がした不動王(スポンジ面積が少ない方)を貼り付けます。
※ この時、不動王と家具を3~4回上から強く押し付けることにより、強粘着で貼り付くようになります。

壁側の剥離紙(スポンジ面積が多い方)を剥がします。
今度は、壁側の方へ3~4回強く押し付けます。
※壁との隙間、約20mmが不動王にとって非常に効果的な隙間となりますので、隙間があり過ぎる場合は、このタイミングで隙間調整もしてしまいましょう。

同じような方法で、もう片方も取付けます。
しっかり貼りついたことを確認後、設置完了となります!
※壁との隙間、約20mmが不動王にとって非常に効果的な隙間となります!

不動王の取付けができない壁材の一例としましては、「セメントモルタル」「せっこうプラスター(表面の砂・粉がはがれてしまう)」「表面のやわらかい壁紙(押すと柔らかくはがれやすい)」「コルク壁紙」「紙壁紙(和紙・紙布)」「ふすま」「障子」などがありますので、壁側の素材を調べてからの取付けをオススメします!

・気になる耐久性ですが、目安としては8年間となります。但し、部屋環境により異なりますので、本来の効き目が実感できなくなった時は、新品への交換をオススメします!
・取付け頻度ですが、粘着素材・超発泡ダンパーの損傷がなく、粘着面の汚れがなければ半年以内に約3回までは繰り返し使うことができますが、徐々に粘着力は落ちますので、貼り直しが無いように、しっかり準備をしてからの取付けをオススメします!

今回、地震という自然災害に向き合い、今自分に何ができるのかを見つめ直すことができました。
不動王を設置したことにより、心にゆとりもできました。
設置も簡単で、工具を使わずに、しかも短時間で行える地震対策!
少しずつ、確実に備え続ける必要性に向き合えた、そんな商品でした。
不動王は、お近くのジョイフル本田で取り扱っておりますので、店舗へのご来店も、心よりお待ちしております!

※近隣にジョイフル本田がない地域の方必見!
こちらの商品をはじめ、様々なアイテムを取り扱っております「ジョイフル本田オンラインショップ」を
是非ご活用下さいませ!
https://joyfulhonda.jp/

このレシピへのコメント