[育てる] 植物

四季咲きバラ、新苗の選び方、育て方

shingo

今回は四季咲きバラの新苗の選び方、育て方を説明いたします。

所要時間

かかった費用

レシピのコツ

  • つぼみは早めに切除しましょう。

同じ品種どうしで比べた時の株選びのポイント
1.茎が太いもの
2.葉の枚数が多いもの
3.葉と葉の間がつまっているもの(間延びしていないもの)
を選びましょう。

ポットのままだと成長しません。植え替えをしましょう。

植えつけは6~8号(直径18~24cm)のプラスチック鉢かスリット鉢がおすすめです。
まず、鉢底の石を2~3cmくらい敷きます。

次に土を入れます。そのまま使えるバラの土がおすすめです。

根鉢をくずさないようにポットからそっとぬきます。

鉢いっぱいに土を入れてしまうと、水をやると土があふれ出てしまいますので鉢の縁から2cmぐらい下まで土を入れます。
接木部分が必ず地表になるように植えます。

販売している新苗は花を付けていますが、花色や香りを確認できるようについています。できるだけ早く剪定してください。夏までは剪定を繰り返し、枝葉を増やしましょう。枝葉が増え株がしっかりしてきた秋からは本格的にはながたのしめます。

※剪定する場所は図参照。

鉢土が乾いたら水を上げましょう。
台木からの芽は根元より切除しましょう。
5~6月の間は液体肥料を週に1回上げましょう。

ガーデンセンター千葉ニュータウン店では毎週日曜日にテクノホルティ園芸専門学校の大久保茂徳先生をお招きして、その季節にあった植物の管理講習会を行っています。参加は無料でございますので、ぜひご来店下さい。

このレシピへのコメント