[見直す] エクステリア

庭工事の施工例〈ガーデンルーム〉

hide

施工概要)既存のウッドデッキをメンテナンスフリーの合成木デッキとガーデンルーム(ZIMA)にリフォームしました。また周囲には目隠しフェンスを配置しプライバシーにも配慮したくつろぎ空間となりました。





所要時間 1ヶ月

かかった費用 およそ3,000,000円

店頭にてご相談・ご要望を承り、現地調査(お客様の要望を整理し、ゾーニング(大まかな配置計画を立案)にお伺いし、図面・見積作成(計画をまとめイメージ図面・見積作成)を行い、プレゼンテーション(見積提出)致します。     



プレゼンテーション(見積提出)を行い、修正プランを検討(再度、お客様の要望を整理し、商品・敷地条件との調整を図り、計画の見直し、方針を確定)し、プレゼンテーションを繰り返させて頂きます。ご納得の上で請負契約(詳細色決め等)へと進みます。



近隣の方々へ挨拶廻りを行い、着工となります。今回の施工は、解体工事(既存デッキ解体撤去 植栽類撤去)、土工事(地盤鋤取及び整地)を行い、ブロック積み(基礎 組積 笠)後、化粧砂利を敷きました。



プライバシー空間である主庭を有効的に活用できる様、樹脂系板パネルでの目隠しフェンスを配置しました。フェンス廻りは低く、化粧ブロック積みで囲い花壇スペースを設けました。草花・地被植物類を配植していただく事で、緑豊かで柔らかなくつろぎの空間が演出できます。



庭コーナー面にアルミ汎用材にてパーゴラを造作します。


アルミ材で合成木デッキの下地工事を行います。デッキ床材貼り、2段デッキ施工を行い、ガーデンルーム本体を設置(躯体面取付)し、骨組・屋根パネル付け・本体折戸パネル付け・オプション(天井日除け等)を取付、調整等を行います。



環境への配慮も同時に行います。ランニングコスト削減にもなるローボルトLEDデッキライトを、合成木デッキ床に埋設しました。薄明かりが夜の観賞用としてもお楽しみいただけます。



ご確認頂く前にクリーニング清掃を行います。施主様に製品使用用途説明等を行い、最終完了確認を頂き、完了となります。

既存のウッドデッキをメンテナンスフリーの合成木デッキとガーデンルーム(ZIMA)にリフォームしました。また周囲には目隠しフェンスを配置し、プライバシーにも配慮したくつろぎ空間となりました。



お客様の要望により、庭コーナー面に木調アルミ汎用材にてオリジナルのミニパーゴラを造作。パーゴラ下に木調同色のガーデン水栓を設置し、目隠しフェンス・パーゴラ・水栓とのカラーバランスを整えました。世界に1つしかないオリジナルパーゴラに大変ご満足頂くことができました。

エクステリアセンターでは、お客様のご要望を整理し、計画をまとめ、プレゼンテーションを繰り返し行い、ご要望の形に仕上げて参ります。お気軽にお問い合わせ、ご来店下さいます様、お願い申し上げます。お気づきの点等ございましたら何なりとお申し付けくださいませ。

エクステリアセンター千代田店 担当 金谷


お見積り、詳しいエクステリア情報はこちら↓↓
http://www.joyfulhonda.com/exterior/index.htm
※工事エリアは千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木の一部、東京の一部に限定させていただきます。










このレシピへのコメント