[見直す] インテリア

照明をペンダントからLEDシーリングライトに交換しよう

shingo

LEDは省エネ、長寿命の他に紫外線が、ほとんどでていないという事でこれからの時期、虫が寄って来づらいと思い交換しました。また今まで昔ながらの吊り下げ式コードペンダントでしたが、天井に付くタイプのシーリングライトならそこの空間が空き、広く感じると思い交換してみました。

所要時間 10分

かかった費用 およそ14,000円

レシピのコツ

  • パナソニック製のLEDシーリングライトを選びましたが、常夜灯まで明るさを変えられて便利です。

根本を持って、時計回り逆に回すと外れます。

箱の中に同封されている、取り付け金具を天井に付いているシーリングにクルっと取り付けます。

本体を天井に向かってグッと押し込みます。

ステップ3の工程で取り付け金具のツメがしっかりでている事を確認。(写真中央、黒の細長いもの)落下防止の為のものです。

本体から伸びているコードを取り付け金具に差しこみます。(パナソニック製はステップ4が出来ていないと差し込めなくなっています)

時計回しでクルっと取り付けます。

完成です。省エネハウスに一歩近づきました。

よくお店で見かける天井に付いているタイプのシーリングライトは、天井に向かってビスを打って留めているように見えますが、実際は必要がなく、工具入らずで簡単でした。またLEDは暗いといったイメージがありましたが、交換後は逆に今までより明るくなったと感じました。
施工は簡単ですので是非チャレンジしてみて下さい。

ホームセンター市原店 担当 白井

このレシピへのコメント